あいたいわ

「あい」と「たいわ」をテーマにしたブログ

ただで○○して

価値ってなんだろう

@kana_vn1222さんのツイート: https://twitter.com/kana_vn1222/status/1028926471010627584?s=09

ただで、話して?
っていうのも悲しくなる。

とはいえ、お金払ったんだから○○しろとか、みかえりを求められるのもうんざり。

(とりあえず、今のところ講演会をしていて、そんなことを言われたりしたことは無い。)

三浦綾子の氷点に、夏枝が貰ったものにはとにかくいちゃもんをつけるというシーンがでてくる。

戴いたもの、与えられたものを素直に受けとることができない。

つねに、みかえりを求める

こうしてみると、私はそんなことしないと思う人もいるかもしれないが、気がつかぬところで私達はこういうことをしている。(神からの無償の愛に背く日々)

ましてや、戴いたもの、与えられたものは必ずしも自分にとって善いものとは限らないのだから。

戴いたもの、与えられたものに
善い悪いもない。

ただ、相手へのリスペクトのない言動は互いにもう一度考えた方がいい。

自分がリスペクトされるはずもないような言動をそもそもしていないか。
相手は思いやりをもっているのか。

人間性を問う人間性

人間性を問う人間性について、友人から言及されたことがあるが、結局、相手は自分を写し出す鏡。相手の人間性を問うた時には、自らの人間性をも問う必要がある。それが、キリスト教でいう悔い改めに繋がるのだろう。

まぁ、周りからただで、○○して。
と言われる筋合いはない。
私から言うことはあっても。
こんなご時世だし、私の場合なにか肩書きがあるわけでもないから、講演料は○○円ですとか自分からあんまり言いたくないし、言う資格もないかなと思ったりも。
それでいて、肩書きとかがついたからといって、お金とりますもなんか違うのかなと思ったりして。

結局大切なのは肩書きじゃない。肩書きなんてレッテルにすぎないのだから。結局その人の人間性なんだろうなと思う。

ちなみに、私は講演会でお金をいただくことはあるけれども、お金ではなく、人脈や土地、小物、お野菜など、もっと違う価値のあるものをいただくこともある。なによりも、心からのありがとうだけで、私はもう充分。御馳走様。おかげさま、お互い様で、ありがとう。